Mです。

手乗りで育てたコなのに
羽が綺麗に揃っていると、鳥専門病院の先生から
お褒めの言葉をもらったとメールを頂きました。

ウチのコ達が専門の先生にも認めて頂き嬉しいです。
そのうと糞の検査も問題なしだったそうです。


挿し餌で使用しているものは

「ケイティー イグザクト ハンドフィーディング」 です。

いたって普通ですよね。

企業秘密的な秘め事は何もなくて、すみません。


ヒナの挿し餌や体調管理はHがいつも、やってくれていますが、
管理の仕方が完璧だと思います。
ヒナに対して心身共にストレスをかけていないと思います。
それを普通にこなしてくれています。

他の方の挿し餌と管理方法を
見たことがないので
Hの育て方とどう違うのか正直わからないですね


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Mです。

シード類を食べさせている1年未満のコ達には
どうしても補足の栄養が必要です。

それがエッグフードになります。
色んな会社から商品化されていますが
わたし達はウイットモーレン社のを与えています。

なぜなら、沢山持っているからという
単純な答えです。

どこの会社であれ、エッグフードは与えるべきかと
問われた場合、わたしはなるべく与えたくない物だと答えます。

栄養となるものも沢山入っているのでしょうが
不要なものも入っていると思うのです。
たとえば着色料や防腐剤や香料などなど。
小さい鳥の肝臓に間違いなく負担をかけます。

それなのにM&Hでヒナ達に与えているのはなぜか。

将来的に新しい飼い主さまの所へ送ったときに
好き嫌いなく与えられた餌を食べて
元気に育ってほしいからです。

孵化から1年未満のコには
蛋白質が20以上必要です。
でも脂肪分は10以下の低脂肪を摂ってほしいのです。

自然派志向の飼い主さまならシード類を与えるでしょう。
補足的な餌が必要になったときに
高タンパク質のエッグフードの登場です。仕方がないのかな。

主食を補足するために与えるので
朝1回、量は主食の1/3くらい与えます。
生後1年くらいは続けるのですが
夏と冬では加減します。
でないと無駄な発情行動が出現してしまいます。

またはお腹に脂肪がついて太り過ぎてしまいます。

エッグフードを食べているコは
たまにですが、お腹をみて脂肪の有無を確認します。
ついでに体重測定。

そのコの体格からして、
この体重は有り過ぎとか
逆にやせてるとか
判断して、その後の餌の分量を決めていきます。
餌の内容も決めていきます。


私はペレット派です。
だからエッグフードを必要としません。

補足の餌といえば青菜とイカの甲とサプリくらいです。

それでも時にはお腹をみて脂肪の有無と
やせ方などの体格のチェックをします。

それでペレットの変更が必要か検討します。

ペレットは何がおススメなのかは
前回の餌の記事をお読みくださいね。


餌で鳥の寿命と健康と容姿が決まると思います。



Mです。

今日も青い空。いいですね~

ヒナちゃんが孵化していることだし
サプリを調合しました。わたし流です。

ペレットを食べている仔には、あまりサプリを与えないのですが、
シード類を食べている仔たちには、どうしてもサプリが必要だと思います。

シードに混ぜるときもあれば
水に溶かすときもありますが、安全に体に入ってくれればいいですよね。

今回、調合したサプリは、
今まで使ってみて、これは効くと感じたものを厳選しました。
そして、体に吸収してしっかりした細胞になってくれるよう
手助けになるようなものを加えました。

つまり、体造りを目的とした秘薬です。

巣引きで疲れた親鳥と、成長期のヒナちゃんたちの体造りにパッチリ

そして、いづれはヒナちゃんたちを巣上げして
Hの挿し餌開始からは別の秘薬が与えられるのです。
羽がキレイでフワフワで体格のしっかりした仔に育ちます

もちろん、サプリだけに頼るのは禁物。
キレイな空気、太陽の光、新鮮な青菜、安全な水とシード類、
それから、社会性を身につけるための兄弟などなど
必要なものは飼い主が与えていかないとね



中身は非公開



にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
Mです。

ん~ 今夜は月がキレイです。

咳をしながらパソコンに向かっています。
どうしても気になることがあるものですから風邪をひいていても何のその。

春に生まれた子達。。。
夏に生まれた子達。。。新しい飼い主さまの元で、きっと大きくなっただろうなあと思っています。

餌はどうしているだろうか。
まだまだ成長期ですから高タンパク質の餌を与えると立派な体格の大人になります。

シード類でしたらエッグフードを一緒に与えてくださいね。
ペレットでしたら、ラウディブッシュ社のブリーダー用、または
ハリソン社のハイポテンシーのファインかスーパーファイン
が良いと思います。

最近の1押しはハリソン社です。

ケイティ社のウィーニング用でも良いかもしれませんが
着色されているのと甘ったるい香りが好きではありません。鳥ではなくわたしが。

1年くらいかけて体格と羽色は変わっていきますので
じっくり待ってあげてください。
今より、もっともっとキレイで可愛い子になりますから♪


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
Mです。

わたしは、どちらかというとペレット派ですが、
一部の子を除きシード類を皆に与えています。

一部の子とは家族がリビングで飼っている一羽飼いの子です。
餌の殻をリビングに散らかされるのが嫌なので
この子だけがペレットを与えています。

エグザクトのオカメインコ用を与えています。
1日の量は大さじ1杯くらいかな。
派手な色の方ではなく、地味な色の方のペレットです。

派手な色の方は人工色が強い感じがして肝臓に負担がかかりそうで
わたしは好きではないですね。


生後1年未満の子にはラウディブッシュ社のブリーダー用が
栄養面では最適です。
でも、硬いのでそのままでは食べれません。

Hは面倒見がいいので、ハサミで小さく切って与えてくれています。

わたしはミルサーで粉々にして餌に振りかけて与えたりしましたが
食べているところを見ていると、やはり摂取量は少ない気がしたので
止めました。



他の場所で飼っているみんなには
オカメインコ用にブレンドされたシード類を与えています。
栄養価を考えて皮つきのものです。

ちょっとコツは、
量に変化をつけて毎日与えていところかな。

バランスよく全部食べてもらうためには
餌の量を多めに入れるのではなく、ちょっと少なめに入れます。

量を多めに与え続けると、嗜好のままに偏った食べ方をしてしまう子も
いるのです。
せっかくブレンドされた餌を与えていても、偏った食べ方をされては
意味がないです。

偏った食べ方をつづけている子は年齢を重ねると体型の崩れも
早い気がします。
ペレットや偏りのないシード類を食べてきた子は年齢を重ねても
体型が崩れず健康的に見えます。

でも、毎日毎日エサを少なめに入れていると体重が減少していることに
気がつかないこともあります。
それを防ぐために、たっぷりの量をあげるときもあります。

そのあたりの加減は、このケージの子達は一日にこのくらいの量を食べる。
とか、発情してきたから減らす。とか、暖かくなってきたから増やす。とか
自分が飼っている子達の体調をしっかり把握していないといけないです。

1年未満のみんなには
ウィットモーレン社のエッグフードも併せて与えています。

大人になるまでは高タンパク質な餌が必要ですから。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村