新しい飼い主さまが見つかりました。(10/16時点)

Hです。

本日のピンクさんです。

pinkbythewindow.jpg

出窓付近で遊んでました。

pinkonhand.jpg

目にゴミが付いているのですが、なかなか取れそうで取れないです。
ま、本人(鳥)気にしてないからいっかー。

pinkonbed.jpg

ちょっと出窓から離れるとすぐフトンでまったりするピンクさんなのでしたー。

そんなわけで引き続きピンクさんの新しい家族さん募集中。
何人かの方にお問い合わせいただいているようですが、
まだ決まっていないみたいです。(私はその辺ノータッチ)

確かに即決できる金額ではないのかもしれません。
例えると私がアオメキバタンが可愛いなー欲しいなーと思っても金額を見て
即諦める、そんな感じなんだろうかなー、とか思ったりして。
(さすがにアオメキバタンは大きすぎるし我が家ではネコもウサギもいるので
 無理ですが)

でもでもペットショップとかネットショップで見るアキクサインコは
もっと高額でびっくりしました。
しかも先日ひばりが丘のパルコで見かけたアキクサインコはルビノーではなく
ローズさんでして、その子はほぼ3万とかでした。
適正価格がいくらなのかわかりませんが、
どうしてこうも開きがあるんでしょうね~。
ただ転売されたくはないのは私もMも同じですので、
Mが提示している金額が安くなることはありません。

その分できるだけ送料がかからないように、
私がお届けできる範囲であれば責任持ってお届けします。
ちょっと遠いかもしれないけど、どうかなー?と思われている方がいらしたら、
一度問い合わせてみてください。
中間地点でお引渡し、ということもできますし~。
もし私が遊びがてら行ってみたい場所であれば
もしかしたらちょっと遠くなっても行くかもしれませんしー。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Mです。

家族とペットショップに行きました。いい餌が入ってないかなと思って。

家族が言います。
「ピンク(ルビノーの事)はいないの?」

Mは、
「いないよ。」

家族は
「どうして?」

どうしてって。。。わたしが聞きたいです。あんなに可愛くて綺麗な鳥なのに
オカメインコみたいにメジャーじゃないです。

我が家では人間よりルビノーの数が多いから、ピンク色のインコの存在が当たり前になっているんだろうと思います。

文鳥の雛達の差し餌風景を見て可愛いなあと話しながら
次のコーナーへ移動しました。いつまでも見ていたら買ってしまいたくなるので。。。

しかし、今週末くらいからまたルビノー達の孵化が始まる予定です。
そうしたらまた差し餌です。文鳥を買ってるところではないんです。

アキクサの巣引き、簡単そうに思うでしょ?
こう見えてもここまでくるのに意外と苦労してるんですよ。
だからと言って、これからもラクはできなさそう。気が抜けないです。

でも、気を抜きたいのでハイこの1枚↓

生後、半年経ったルビノーです。
現在、里親募集中の通称ピンクさんも半年経つと
こんなに可愛い子になります。
わたしはこのつぶらな瞳もお気に入り。

生後、半年経ったルビノー


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村



Hです。

前回のMの記事でピンクさんのお姉さんのかわいい写真が載ってまして、
これは更にお姉さんであるいちごさんの写真も撮らないとー、
ってことで撮りました。

が、私が作ったなんちゃって鳥小屋の向きを数週間前に変えてから
微妙に暗い小屋内。
そんなこんなな画像ですがお許し下さい。

ichigo-1.jpg

ちょっと手前の止まり木にいた旦那さんのピンキー君が横歩きしてきて
画像に微妙に写っちゃいましたが、、、(^o^;)
やっぱりまだまだ子供のピンクさんより色が明らかに濃いですね。

本日は曇りでどんより~な空なので唯一そんな日でも明るめのこの部屋に
ピンクさんもお連れしました。

pink-1.jpg

この部屋は元納戸でして、でも納戸にも関わらず天窓があるので明るいし、
冬は暖かいのです。

pinkpinkee1006.jpg

で、ピンクさんもケージ外に出てきまして、
しばらくケージの外で遊ばせました。
他にピンクさんの『近所のおじさん』的存在のファルコン、
通称ファル君も居たのですが、その様子はコチラで。

そして何やら楽しげな顔のピンクさん。

pink-2.jpg

あんまり普通に仲良さげーにしているので、いちごさんが怒ってないかと
振り向くと・・・

ichigo-2.jpg

特に気にする様子もなく、イラついた様子もなく、
実に穏やかに夫の帰りを待っているいちごさんでした。
ファル君のお嫁さんのレモンさんもファル君が外で飛び回ってても
これまた実に穏やかーにしています。

さすが大人の女は懐が広いのですねー。
そして私も見習うべきでなのでございますのねーと思った次第です。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

Mです。

面倒臭がり屋でラク嗜好なわたしですが、
なぜか青菜だけはパウダーを使わないで生で与えています。

何とかして生の青菜を鳥に与えたいなと今まで試行錯誤しました。

今までの失敗談をお話ししますと、
・スーパーでいちいち小松菜を買ってきていました。長続きしない。。。
・ハコベを摘んできて自家栽培しました。枯れました。。。
・ハコベの種をネットで注文しました。返事が遅いので断りました。。。
・豆の種を購入しました。発芽した翌日には異臭がしてきて断念。。。
・小松菜の種を植えました。大きくなるまで虫食いにあって全滅。。。

でも最近、青菜の育て方が上手くなりちゃんと収穫できるようになりました。

小松菜の種を蒔いて発芽し、10日ほどして大きくなった葉から次々収穫していきます。
大きくなった葉というのがポイント!つまり株の外側の葉なんです。
株の中心の葉の目を摘むと成長が終わってしまいます。
外側の葉だけを摘んでいくけば、その株は摘まれても摘まれても成長を繰り返します。

もう一つのポイントは、大きくなるまで待たずに収穫する!
大きくなるまで待っていたら虫害いになってしまい、特に小松菜は全滅します。

お試しあれ♪

RIMG0011.jpg
 
RIMG0010.jpg

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
Hです。

ピンクさんたち5姉妹に差し餌をしていた際、毎回体重測定していました。

自分の体重はここ1年以上も測定してもいないくせに ←ということは伏せておきつつ、、、

巣上げした直後の体重。順番は生まれた順(=大きい順)

ピンク→38g
緑→38g
白→33g
ペロ→32g
チビ→19g

体重測定グラフ8月23日~9月9日

とにかく初めての差し餌ということで、
温度管理&体重管理に特に気をつけました。

記録紙にちょっとしたメモもいくつかあり

8月26日(私が差し餌を始めて4日目)より

 ・BOXティッシュ1箱早々になくなる。
 ・ピンクさん、活発でカゴからよく出るので注意。
 ・就寝時にリードクッキングペーパーを敷く。

8月27日(5日目)より
 ・ピンクさん、急に羽毛が伸びてきた感じ。
 ・チビ君(オスだと思ってたので)30gに!

8月28日(6日目)より
 ・BOXティッシュ1箱使う。  
      ↑
結局BOXティッシュは3箱弱、リードクッキングペーパーは1ロール使用。

チビさんの後半の追い上げはかなり素晴らしく、
差し餌もピンクさんや緑さんと同じ日に『私もい~らないっ!」となりまして。
その2,3日前などは1番体重が重いぞ!って時もありました。

みなそれぞれ個性や性格があるんだなぁーって思いました。
新しいご家族の元にお連れする際も体重測定をしました。

白→34g (引渡し時、まだ1日に1~2回差し餌を欲しがってました)
緑→37g
チビ→42g
ペロ→39g

※現在それぞれ新しい家族のもとでカワイイ名前をつけてもらっています。

そしてピンクさんは現在40gです。
先ほど少し、『近所のおじさん』こと、ファル君とケージから出て
一緒に遊んでいました。

午後時間があったら最新の写真を撮って追加します。

そんなわけでピンクさん、引き続き新しい家族さん募集中です。

~訂正~
ピンクさん、先ほど体重をはかったところ、
数日前40gだったのに本日は45gでした(^o^;)
粟の穂をひとりで1本食べ終わってたからかなー?
ついでに我が家のファル君とピンキー君もはかってみました。
大きい順に
ピンキー君>ファル君=レモンさん>いちごさん>ピンクさんの順ですね。
歳の順って感じもしますが。

※レモンさんといちごさんは馴れてはいるけど手乗りではないので見た目判断です。

pinkpinkee1008.jpg

我が家のピンキー君は要ダイエットです。。。( ̄∇ ̄;)
いちごさん以上にエッグフード食べまくってるせいでしょうか。
しばらくヒマワリの種、サフラワーシードなど脂肪分が高めのシードは
極力控えてもらいます。
そしてもっと FLY & WALK とにかくMOVEです。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

Hです。

今朝ちょっと嬉しい事がありました。

ピンクさんが「近所のおっちゃん」ことファル君の真似っこをして
私の肩に飛んできたのです♪
手には普通にとまりにきますが、肩は初めてなのです。

右肩はファル君、左肩はピンクさん。

数日前、ファル君に最初出会った時はちょっと嫌そうな顔を
していたピンクさん。(数日前まで鳥部屋に連れて行った事がなかったので)

明らかに同じルビノーの姉夫婦と色具合が違うからか。(ファル君はノーマル)
同じルビノーのピンキー君の近くにいる時と明らかに態度が違ってました。
(ピンキー君には別に普通の表情だったピンクさんでした。)

それでも翌日、ファル君の良い所でもある『フレンドリーさ』が功を奏してか、
何となく朝ケージから手乗りの方々を出すと
ピンクさんは意外とこの近所のおっちゃんの近くに居るようになりました。
一緒に遊ぶようになって2日目にそんな感じでしたので、
ファル君のフレンドリーパワーはスゴイなぁ~とつくづく思いました。
彼のフレンドリーパワーはお嫁さんたちにも功を奏していて、
荒だった彼女達が我が家に来て1ヶ月もしないうちに
私を全然怖がらなくなったのは彼のお陰だと結構思っている私です。



以上、今朝のちょこっと幸せ~を感じた出来事でした。

で、そんなまた一段とかわいくなったピンクさんですが、
引き続き新しい家族さんを募集中です。

新しい飼い主さまが見つかりました。(10/16時点)

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
Hです。

8月生まれ5姉妹1番上のお姉さんのピンクさんも
新しいご家族さまが決まったようでして、
それまで何事もなく健康に過ごしてください。

昨日の朝のピンクさん。

pink1015.jpg

あ、すいません。
我が家の鳥部屋は東側にある為、いくら天窓があるとはいえ、
午前中10時ぐらいまでは若干暗めなのです。

で、今朝も案の定そんなに明るい画でもなく、、、

pinkpinkee1016.jpg

そして若干ボケ気味で、、、

奥に写っているピンクさんの姉婿は今朝は早々に
自分のケージに戻ってました。

pink1016-2.jpg

とにかくピンクさんは自分のケージより近所のおっちゃんこと、
ファル君とレモンさんのケージの上がいつもお気に入りで、
扉を開けると真っ先にそこへ飛んでいきます。
ただ今レモンさんは抱卵中なのであまりその付近で
テクテクと歩き回るのはいかがなものか?
しかも歩ってて時々足を踏み外してよろけてたりするし、
はまっちゃったりもするし。。。(^ε^;)
しかし、そんなこんなでも特にレモンさんは気にする事なく
巣箱にこもってました。

逆に私がケージを保温するのになんやかんやセットしていた時は
嫌そうな顔して出てこられてしまいました。。。スマンスマン


。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o

その保温ですが、日中は暖かくてそのままでも平気ですが、
さすがに夜はフリース生地をケージにかけただけじゃ寒くなってしまったので、
13日火曜日から21時~6時まで温風機を使用しています。
弱にしても結構これが温かい風が出るので各ケージ方向に向けず
壁に向けて風が出るようにしています。
で、入口も3分の1は開けておきます。そうするとちょうどいい室温でした。
導入当日に30分くらいボーっと鳥部屋の片隅に座って
チェックしましたので確かです。

あまり暑すぎてもちょっとの温度差でも体調を崩す弱い子達になってしまうし、
逆に自然のままにと、保温不足でもすぐ体調が悪くなる子達もいます。
環境に慣れるのだって人も鳥もそれぞれ個々に違います。
とにかく私は分からないので家に居るときはしょっちゅう見に行きます。

きっと今に『しつこいなーあの人』扱いになるんじゃないか・・・?

で、新たな保温器具が届く予定ではあるけど、(抱卵組のケージ用)
とりあえずあと2,3日はこんな感じです。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村


またまたHです。

MのPCが調子が悪いそうなので・・・

我が家のアキクサインコの男子達は差し出した指に乗るのも、
頭や肩に乗るのも好きですが、
ピンクさんはそれよりも手、そのものに乗るのが好きみたいです。
乗るというよりほぼ座ってるんですが。

IMG_0002-1.jpg

極力私の手を画面に出したくないので周囲をカットしたりして(^o^;)

ピンクさん、真上から撮った図。

IMG_0006-1.jpg

ピンクさん、正面から撮った図。

IMG_0022-1.jpg

ピンクさんを乗せた左手を上にあげて右手で写真を撮った図。

しばらくこのまま動かないでちんまりしていました。
ちなみにピンクさんはアキクサインコにしては珍しく
頭をなでなでってしても嫌がりません。
そして両手で包むと更にちんまりします。安心するんでしょうかねー。

でも指に乗ってとお願いすると7,8割の確率で
スタスタ歩いて逃げていきます(; ̄ω ̄A``
指に乗ってもらいたい時は寝ぼけている感じの時がグーな気がします。

そんなこんなな今日のピンクさんでした。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

趣味で飼っているインコたちですので、不慣れな点や間違っている点など
ありましたら、どうぞ教えてください。
趣味ながらもアキクサの飼育には試行錯誤を繰り返し、
その中でポリシーを確立してきました。

M&Hのアキクサインコのルビノー(ルチノー)の値段は 35,000円 です。
あえてブログに値段を公開して、アキクサが欲しいという方と
同業者様にわかりやすくしています。

追記 ノーマルとローズは10,000円です。
   (DNA鑑定等込)← してもしなくても同料金としました。


M&Hが育てたアキクサインコと 他の方との違いを上げますと、

①親は鳥の専門病院で検診を済ませており、
感染症などの病気を持っていない健康体です。


ほとんどの鳥というものは感染症の原因菌または原虫をもっています。
雛たちは親鳥から餌と一緒に病原菌ももらっているのです。
成長の途中で星になる子もでてきます。
大人になっても突然、星になり長生きできません。
感染症の中には、クラミジア症(オウム病とも言う)といって
人間にも感染するものもあります。
手乗りとして側にいる鳥がそんな病気をもっていたら、どう思いますか?

例えば、可愛がっている鳥が病気のようなので受診したとします。
鳥の通院は何ヶ月にも及ぶ場合もありますし、入院も時には必要です。
お仕事や小さいお子さんをお持ちの方は、
鳥の通院の為にお休みを取れますか?
当たり前ですが、鳥の治療費は全額負担で支払います。

私のキンカチョウ2羽の7日間の入院費は71,000円でした。
おサイフ痛かった。。。


それから、性成熟した1年以上経ったアキクサをペアにしていますし、
年に何回も巣引きをさせませんので、親鳥の健康維持を願っています。
親鳥の健康 = 雛たちの健康 ですから。

②よく馴れた手乗りにしてから、お渡しします。

アキクサインコは馴れにくく、手乗りくずれしやすい性格です。
20日前後(気候により変わりますが)に巣上げを行い差し餌を始める事で、
人間を親や兄弟のように思うようになります。
羽ばたきの練習を始める頃からよく遊んであげ、
そして色んな体験をさせます。
常に人と一緒に居ることが大好きな子になっています。

馴れすぎなのか、発情行動が他より早い気がします。これがデメリット。

注意!アキクサインコは性格上、体を触るようなニギコロや
なでなでは大概嫌がります。
物足りなさを感じるようであれば他の種類の鳥をお飼いになることを
お勧め致します。


③必要に応じてDNA鑑定を行い、確実に性別がわかるようにします。

すでに男の子が居るから、今度は女の子を迎えたい。
好みで女の子がほしい。
性別のご希望はあるかと思います。
    
アキクサインコは成鳥になってから数ヶ月しても なおオスとメスの
区別がつきにくく、(特にローズやノーマルなど)時間がかかり過ぎます。
でも雛のうちから鑑定を行えば、独り餌の時期までには性別が
確実にわかります。

         
ただ、その時期にご希望の雛がいなければ半年以上は
お待たせしてしまいます。
それも待ち過ぎですよね。その際は遠慮なくキャンセルして頂いてもOKです。

鑑定料はお代の中に含まれていますから、
別途料金は発生致しません。
鑑定をご希望されない方は、その分2000円値引き致します。
(※ノーマル&ローズは鑑定しなくても値引きなしです)

④都内近県でしたら、自家用車でお届け致します。

当方、千葉県に住んでおります。
お届け日をご相談の上で決めさせて頂きます。
近県以外でも行けるときはありますので、それもご相談させて下さい。
天候が明らかに悪くなりそうな時、雪道な時、などはお届け日を変更する
場合もあります。
安全&安心が第一ですから。
    
これも別途料金は発生しません


補足ですが、車で向かっている途中で待ち合わせの時間調整や
道に迷ったなどの時、連絡を取り合うために
携帯アドレス(もしくはすぐ連絡が取れるPCアドレス)を教えて頂いています。
    
遠方の方は空輸を利用します。
その場合送料+諸費用として2,000円別途頂きます。

諸々のことを考えると・・・

手渡しが一番良い方法だと思います


以上のことを踏まえて、それでもこの金額は、、、
とお思いになる方は
他のアキクサインコをお飼いになっている方に
譲っていただく事をお勧め致します。  
   
   
Hです。

余談ですが、私の家には猫が2匹います。
そのうちの1匹が夏休みの終わり頃に病気になりました。
いつもモリモリごはんを食べてよく寝てよく遊ぶのに、
『なぜ?』って感じでした。

で、結局「大事なんだ!」と思ったのは
普段食べている「ごはん」や「水」でした。

今まで安いものでいい、安ければなんでもいい、
おいしそうに食べてくれるのが安ければ尚更いい、
などなど、そんな安さ重視の食事だったのを悔い改めました。

鳥についても同じです。
普段からやれる予防はやっておこうという気持ちでいます。
ペレットもシードも両方食べられるようにと配慮しています。
水も毎朝一番に取り換えています。
2,3ヵ所で飲めるようにしてあります。

よく鳥の居る店に立ち寄るのですが、
健康的に見える鳥が全然少ないように見えます。
ずーっと羽を膨らまして寝ている子とか、
餌箱に入ったまま動かない子とか
ケージの隅っこでうずくまっている子とか、
とにかく私がよく行くホームセンターやペットショップにいる鳥は
見るだけでもう結構、って感じの子が多々います。
お金を出して飼おうとはとても思えないです。

きっとそう思っている鳥好きさんも多いと思います。
安心できるところからお迎えしたいと思っているはずです。
だから5姉妹も素敵な家族の元へそれぞれ
お迎えされていったのだと思います。

病気の検査とか、親鳥の管理などなど、
何でもきちんと明記しておくのは大事だと思います。
何もわかっていなかった頃の私だったなら、
どんな些細な事でも質問しにくい事とかでも、
きちんと明記してもらっている方が安心だし
聞く手間もないので楽です。
特に特別なことをしている訳でもないのは
同じ立場の方々からしてみれば明らかなのも確かでしょう。

大事なのは同業の方ではなく、
アキクサインコを新しく家族にお迎えしようと考えている方々です。

私はMの設定した価格に異論はないです。
我が家のアキクサインコルビノー(オス)はそれをだいぶ下回る金額でした。
でもその当時は(去年初めの話ですが)その金額でも
高くてコワイ金額でした。
私にはアキクサインコの知識が全くなかったからです。
昔飼ったことのあるセキセイインコと同じ感覚でいたのです。
なので鳥に全く興味のない家族にその購入価格を
しばらく内緒にしていたくらいです。

あの金額でも高いと思った私でした。
だから迎えに行きました。
少しでも安心する為に。
その安心の為に私は高速代約1万円(ETC深夜割引利用)を費やしました。
その安心の為に私は約30時間を費やしました。

なので結局私の中ではあの金額もこの金額も一緒なのです。
バカ高いとも思わないのです。

そして大事に育てて来た自慢の子達です。
ホントは手放したくないぐらいな勢いです。
確実にステキな家族の元に届けたいのです。

そして頂いたお金でMや私のアキクサインコ達が
健康で長生きする子に育つように
食事など体に入るものに気を配ってあげたいのです。
Mには更に国内産ではないアキクサインコを
時々お迎えして貰いたいとも思っています。

上記でもうすうす気付かれたかと思いますが、
私は生き物が狭い&暗い箱の中に入れられて
宅配業者の手によって届けられてくるのを待つのが
とてもとてもどうしようもなく苦手なのです。

1度体験しましたが、普段は全くの健康体の私が数日前から
気持ちが悪くなる程の絶不調になり、自分がその箱に閉じ込められて
運ばれている鳥に変わっていた、という夢も2,3度みたりして
とてもじゃないけど耐えられない、、、という弱点があります。
だからMにはその辺の輸入に関してはお任せします。
(と、この場を借りて言う)(^o^;)


そして、だから手渡し希望、と切に願うのです。


なんだかイマイチまとまりのない文章でスイマセン。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村