上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hです。
Mより里親募集の際のルール確認を、
と連絡が来たので改めて載せておきます。

里親募集の際絶対守って頂きたい事、

・一生、面倒をみてくださる方
・無理な繁殖をさせない方
・身勝手な返却などをしない方

以上を原則としています。

それに加えて、
・オスとメスの指定はご勘弁ください。

趣味の一環として飼育しておりますので
指定をされますと、それにお答えできない事が多いのです。

・雛達の中から、ご自分で選ぶことも出来ません。

次々と里親さまが決まるので先着順とさせて頂いています。

・独り餌になってからのお渡しとなります。

動物取扱業の登録上、雛のうちからお渡しすることはできません。

唯一、羽色の指定は承ります。

大切に育てる雛たちですので
可愛がって頂ける飼い主さまとのご縁を願っています。


Hの追記。

最近産卵し始め抱卵中の我が家のペアたちですが、
今まで雛が誕生し子育てまでしたという経験をしておりません。
また失敗に終わるかもしれませんし、今度はうまくいくかもしれません。
無事誕生し手乗りで育てることもできた場合、
雛の数により里親様募集をするかもしれません。

生まれたとしたらあの子達の最初の雛、
ということで思い入れもありますので、
数により次の機会まで募集しないことも考えられます。
とにかく我が家のペア達についてはまだ孵化まで至ってないので、
私としては今のところ何とも確実じゃない話しはできないところです。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Mです。

いつの事か忘れてしまいましたが、
1羽だけですが巣立った若鳥をそのまま親鳥達と同居させていたときがありました。
その時の話です。。。


メス親はまた卵を産み始めました。

若鳥はメス親の後をついて、巣箱を出たり入ったり繰り返します。

4個産んだところで、取り上げていた卵達を全て巣箱に返し抱卵させました。
抱卵体制を開始したメス親は全然巣箱から出てきません。
そして、なんと!若鳥も一緒に抱卵していたので巣箱から出てきませんでした。

しびれを切らしたのか、たまに若鳥は巣箱から出てきて
外で遊んだりはしましたが、長くは遊んでいませんでした。

巣床は、メス親が抱卵している部分は大きなくぼみができて5個の卵がありました。
若鳥が座っている部分は小さなくぼみだけができていました。

メス親の横で若鳥も抱卵の真似をして座っていたのでしょう。
可愛らしいというか、微笑ましいですね。

18日が経って雛達が3羽孵化しました。
メス親がせっせと給餌をしていました。

若鳥はその真似はできないらしく、オロオロするばかりで給餌はできないようでした。
時々、巣箱に入っては給仕の様子を見ているようでした。

そのうち3羽の雛も巣立ち、外で若鳥と一緒に餌をついばむようになりました。

喧嘩や攻撃は全くありませんでした。



わたしが言いたかったのは、アキクサは性格が穏やかだと言う事です。

次の巣引きを開始しても、親は若鳥を邪魔にしません。
オス親もそれは同じです。

若鳥も後から巣立った雛たちを邪魔にはしません。

この若鳥はメスでしたので、子育ての学習ができたのではないかなあと
わたしは勝手に思って満足しています。
このメスは今では立派に成長してペアになっています。
わたしとHは、今後の巣引きを楽しみに待っているです♪


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村








Hです。

ちっちゃい声が聞こえてくると気づいた土曜日の朝。

巣箱を見るのが怖かったので、
まず家族に見てもらう。

『もこもこのがいるー』との事で

私もそぉーっと巣箱の蓋をどかして見てみる。


『おぉ~!』

とにかくいつの間にか生まれてた様子。

大・中・小。

最初2羽かと思ったのだけど、

今朝よく見たら3羽だった。

詳しくはコチラで。

今のところ大はファル君と同じくノーマルっぽい。
とにかく3羽とも無事に育ってくれれば22日から差し餌で育てる予定。
はてさてどんな羽色の子達なんだろかー?

何でも生まれる可能性があるノーマルのファル君なだけに、
今我が家にいないオパーリンやファローも見れるかもかも。

とにかく無事に育てておくれ、おふたりさん。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村





Hです。

3羽の雛は元気に育っています。
やはりあの夫婦はいい父親母親になりました。
つくづくそう思わされる今日この頃です。

さっき3羽の成長ぶりをチェックしました。
その際もふたりは落ち着いていて、
まるで私に『どうぞどうぞー』と言っているかのよう。
信頼されてる感たっぷりの私です。

1羽目のだいクンはノーマルだろうと思っていたらオパーリンでした。

2羽目のちゅうクンはルチノーでした。

3羽目のしょうクンだけはまだノーマルかオパーリンか、
綿毛がまだまだ多いのでわかりませんでした。


。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o


一方当初こっちの方が期待大と言っていたレモンさん&ピンキー君ペア。
昨夜巣箱からレモンさんが出ていたので卵にライトを当ててみましたが、
どうやら『無』のようだったので巣箱を撤去しました。

今回は結構いい雰囲気だったのですが。。。

次回巣箱を設置する時は縦に置くことに決めました。
縦型なら嫌でも奥の部屋で落ち着いて産卵&抱卵してくれるはずです。
卵や雛を踏んでしまうかと思い、今まで横に設置してましたが、
こちらのペアには縦の方が良いように感じます。

今回はまったく疲れている様子がないですし、
変わりなくよく食べよく飲みよくマッタリしてます。

今年最初の産卵&抱卵も失敗でしたが、
またすぐその機会が巡ってくるでしょうし、
季節もちょうどいい気候になる頃だろうから
楽しみは次の機会にとっておくとします。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村





Hです。

まだ3番目の子は綿毛状態でまだ明らかに早い感じでしたが、
諸々事情があり昨日親鳥達から雛を預かりました。
3番目の子は1番目の子と同じくオパーリン(ローズ)のようです。

昨日の朝から今日の夕方まで9回の差し餌していて疑問に思ったこと。

赤目(2番目はルチノー)と黒目とは性格が違うのか?と。

2番目の子は差し餌2回目で自ら嘴でシリンジから出てくる餌を食べました。
まったく威嚇の声も出しません。
とても手のかからない子です。

でも1番目と3番目はまだ威嚇する声を発します。
1番目については差し餌も一苦労です。
3番目は本日昼と夕方の差し餌でようやくシリンジを受け入れてくれました。

昨年の夏以来、何度か差し餌をする機会がありましたが、
これほどまでに頑なな感じの子はいなかったので、
1番目の子にはかなり差し餌に時間がかかってしまいます。
体重も巣上げ時より6,7gは減ってしまった感じです。
今日はあと2回差し餌をする予定でいますが、どうでしょうか~~(^o^;)




にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…

今回の子は我が家で初めての子達で、
2番目の子はこのまま我が家で暮らします。
(ただいま家族が名前を考え中)
1番目か3番目のうちのどちらかは
家族の友人宅へ行くことになっています。
Hです。

1番目の子が差し餌開始3日目にして
ようやく嘴を自ら開いてくれるようになりました。
困惑していた気持ちがいっぺんに消えました。
ただ、まだ頑固な雰囲気はありまして、
頑固でもいいけど私とも仲良くしてねーと思います。


皆だいぶ巣上げしてから成長しました。
一番下は結構綿毛も少なくなり、上2羽は筆毛もなくなり、
フワフワ~な感じになってきています。

2番目の子の羽は特にルチノーということもあり
春らしいしいかにもソフトな感じの羽です。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。