上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hです。

3月最後の日の夕方、1番目がいきなり飛びました。
ここ2日くらい水槽内でバサバサとしていた1番目と2番目なんで、
そろそろ飛ぶなーと思っていた矢先でして、
しかも冷蔵庫と冷凍ストッカーの間の狭い隙間に着地するという。。。。

無事救出できてよかったけど、初飛行で7mも飛ぶことないじゃ~ん(^o^;) 
きっと2番目も飛べるであろうと思うので、
さっきのお食事タイムには注意に注意を払って食べさせておりました。
(上2羽が急に飛ばないように左手で屋根を作り右手で1羽づつに給餌)

そんなわけで3羽の誕生日がわかりました。

1番目・・・3月5日
2番目・・・3月6日
3番目・・・3月9日

ちょうどカレンダーにも孵化予定日を『3月5日~』としていたので
ほぼ間違いないでしょう。(3番目以外)

私が雛の存在に気づいたのが13日でしたので、
生まれて数日は鳴き声もそんなにケージの外に分かるほど
大きなものではないのでしょうか?
それともただ単に私の耳が遠いのか、、、?!
私が餌や水の交換をしている時は寝ていたのか?

次回またこの機会があったら、生まれたての雛がみてみたいと思います。
もしくは雛が生まれたのが早々に分かれば良いなーと思います。

次回の巣引きは春、ど真ん中な4月後半から5月あたりが良いなと思います。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Mです。

わたしはズボラなんで、今日は久しぶりのブログ更新です。


ルビノーのオスを増やしたいと、ずっと思っていましたが
国内では中々好みの鳥が手に入らず様子をみていました。

ルビノーやルチノーとなると未だ簡単には入手できませんね。。。
やはりどうしても輸入に頼らざる終えません。

そんな感じで数ヶ月経過して、今日は我が家に輸入鳥(ルビノー)がやってきました。祝!

ルビノーでも羽色がみんな同じわけではないのです。
羽先の黄色の入り具合がみんなそれぞれ違うのです。

今回の輸入鳥もそう。黄色の入り具合が前回の鳥とは違います。
1羽、黄色の羽が多い仔が居ます。
羽先の黄色が上に向かうにつれて徐々にピンクになっていくグラデーションがキレイかも。
腰も黄色。なので、一瞬”ルチノー?”と思うほど。

ルビノーとルチノーのかけあわせの仔かな?
でもヨーロッパでは赤目同士は掛け合わせないはず。。。
中途半端なルビノーだなと、ピンク好きのわたしなどは思ってしまいますが、
でもこれはこれで、どんな雛が生まれるか楽しみかもね。

写真を載せたいのですが、しばらくは撮影できませんので残念です。
我が家に慣れるまではケージの中でバサバサ暴れてしまい、怪我をされては嫌ですし、怖がらせるのも可哀想なので。

荒のアキクサは慣れておとなしくなるまでに本当に時間がかかります。





にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
Hです。

順調に3羽は育っています。
特に一番下の子は綿毛もなくなり明日あたり飛べそうな感じです。

他の2羽はまだコントロールがうまくいかずあちこち飛んでは落ちしてますが、
もう少ししたら上手に飛べるようになるでしょう。

昨日から1日中鳥かごで過ごしています。
水槽生活は卒業しました。
これから徐々に室内の温度に慣れてってもらおうと思っています。
特に我が家の1階のリビングは鳥部屋より温度が低いので(^o^;) 

そんな本日の3羽です。

04033番目

3番目が一番よく鳴きます。

04032番目

2番目は鳥かごの中でよくよじ登っています。

04031番目

頭にゴハンつけっぱなし。。。

1番目はあちこちよく飛んで落ちて救出されます。
なぜか狭い所にばかり着地してしまうようです。(^o^;) 

とにかく皆、元気でなによりです。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村




Hです。

すっかり3羽とも雛を卒業した体型をしています。
特に一番小さかった3番目は今日で1ヶ月(推定)だというのに
もうパウダーフードはちょっとしか口にしません。

逆に上の2羽はまだ欲しがります。
特に2番目。。。
まぁ3羽の中で一番体重も軽いので
まだまだ食べてていいョーという感じですが。

0409-1

上の2羽と父親の3ショット。
ちょっと父親も一緒になってバードテントにつけてる
シーサーのアクセサリーを突っついてます(^o^;) 

0409-2

3番目は父親が飛んでくると避けるかのようにとなりのケージの上へ。
で、3羽の様子をじぃーと眺めてました。

ひとりであちこち飛び回るのが好きみたいで、
まだ上手にコントロールできてないようなできてるような、、、
ちょい微妙な感じです。

今日も他の2羽がパウダーフードを頂戴頂戴しているのに
ひとり棚の上の段ボール箱の上でまったりしてました。
あまりに静かに座っていたので最初どこにいるか分からず
ちょっとヒヤっとしました。

そういえば夏に差し餌していた5羽のうちの一番下の子も
他の子達より全然早くパウダーフード要らな~いって感じになって
飛び回っていたのを思い出しました。
小さい頃他の子よりがっついていたので逆に食べ飽きたのかな?

とにかく手のかからない子に育ってくれました。
明日約束していた家族の友人が鳥かごを持って来る予定になっています。
差し餌に関してはもう大丈夫そうですが、
まだもうちょっと3羽で居てもいいのに~とそんな複雑な気持ちです。



にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村







Hです。

ちょっと前まで賑やかな感じだった我が家だったのに、
2羽の子ども達がいなくなっちゃっただけで、
なんだかとっても静かになった気がする。

一番最初に新しい家族の元へ行った
3番目ちゃんの話をさっき聞いた。
家族の同級生のお宅に行った3番目ちゃんは
鳥かごの中で家の人がいると
『出せ出せー』とバサバサするらしい。

で、出してあげよっかー、と扉を開けると、
扉の所で止まったままだったりもするそうで。
で、頭の上や肩によく止まっているらしい。
ゲームをしだしてもそのまま動かず、
しまいにはウトウトしはじめるらしい(´▽`)

なんかアキクサインコってやつは、、、
やっぱ、どの子もかわいいなぁ~とか思いつつ。
あちらのお宅で早々に家族に溶け込んでる感ありで
嬉しい報告であった。

そして昨日1番目ちゃんも飛行機で関西圏へ。
詳しくはコチラで。

あの子はだいぶビビリ屋さんなので、
馴れるまで時間がかかるかもしれないけど、
きっと大丈夫と思っている。

…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…

2羽の子どもたちが居なくなっただけで
ポカンと心に穴が開いちゃったような気分の私。
そんなこんなな時はやっぱまた家族を増やして貰うしかないでしょ、
ってことで明日巣箱を各自設置したいと思う。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村








Hです。

火曜日に元々Mと会う約束をしていたので一緒に羽田空港まで行き、
その後あちこちふたりででかけました。
色々アキクサインコがらみの話は尽きません。
先日Mのところに来た輸入鳥の話にもなりました。

その輸入したアキクサインコ達ですが、
かねてからそろそろ輸入しておいた方がいいかもと
昨年の暮れ前あたりからお互い考えたので、
Mがその話をしてきた時は
『是非依頼しておいて!』とお願いしました。
その際1羽分、私も負担することを希望しました。

Mは様々な鳥を輸入していらっしゃる方に
以前も依頼したことがありまして、
今回もその方に予約を入れておきました。

それから数ヶ月。
ようやく日本の私達のもとに
アキクサインコのオス2羽が届いたのです。

海外から成田への長旅の後、関西方面へ、そしてまたこちらへ。
もし私が受け取る事にしてたら
過大に心配しすぎて心臓が持ちません。
なのでこういう役目はたいがいMにお任せしています。
ついでに荒鳥の扱いも不安なので2羽ともMにお任せです。

そんな輸入鳥達の名前を決めよう!と
ランチを食べている時にMが言い出しました。
Mは結構個性的な名前の付け方を他のアキクサインコにも
していまして、(バラすと怒られるので伏せておきますが)
輸入鳥達はもうちょっとマシ?な名前に、と考えました。

オス=男子=好きな芸能人=嵐、という流れになり
1羽だけだったら『嵐』でも良かったのですが、
2羽なのでメンバーの名前を使うことになりました。

Mが前回
『黄色の羽が多い仔が居ます。
羽先の黄色が上に向かうにつれて徐々にピンクになっていく
グラデーションがキレイかも。腰も黄色。』
と言っていた方を

嵐=かわっている=相葉君=『あいばっち』と命名し、

もう1羽を
嵐=イケメン=松潤=『マツジュン』と命名しました。

早く写真が撮れるほど落ち着いてくれて
環境にも馴染んでくれれば、と思っています。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

あ、我が家の2番目ちゃん、まだ名前決まってなかった。。。(^o^;) 



Hです。

今週は暖かい日もあったけど、寒い日はハンパなく寒く、
昨日は特に雪が夜中から未明にかけて降っており
ややワイルドなイメージのある家族の友人宅へ行った
3番目の様子が気になりました。
その話を家族にしたら
『寒かったけど平気だった?』と友人にメールしたようで、
しばらくすると携帯を見せてくれました。

『写真、送ってきたー』と。

0417の2番目

携帯で撮ったので画像はイマイチですが、無事なのは一目瞭然。

『寒かったのでみんなで2度寝しましたー』との返信メッセージ。

あ、そ、まぁいっか~(´▽`)

ちなみに3番目は『ピー』と呼ばれているようです。
1番目は『ビビ』

そして我が家でまだまだ甘えっ子の2番目の名前も決めました。

1週間前の2番目


翼以外の全身が淡いピンクが桜の花を、
お腹の部分の濃いピンクが桃の花を思わせるので

『桜桃』と書いて「さくらんぼ」、ってことで
2番目の名前は『チェリー』としました。
なかなか我が家族にも合ったいい名前です。

きょうだいがいなくなってから体重が若干少なくなってしまったので
体重が差し餌前でも34g以上で安定するまで差し餌をしておこうかと思います。
とは言ってもずっとという訳にはいかないので、あと1週間~10日程様子見です。




にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村






Hです。

33~34gをずっとキープしていたチェリーさんでしたが
ひとりっ子になった途端体重が30~32gに減ってしまったので
心配なので少しの差し餌を朝と晩にしていました。

ただ生まれてもう1.5ヶ月になってしまうので、
いくら父親のファル君も雛だった頃
その位差し餌されていたからと言っても
長すぎる差し餌は、、、と色々考えていました。

Mもちょうどメールで『カンジダを誘発してしまう』と心配していました。

昨夕はほんのちょっとの量を夕方あげたきりでした。
寝る前に量った体重が36gだったのでそのまま就寝。

起きてすぐ量った体重34g。
そしてなぜか急にシードやペレット、そしてエッグフードを食べだしました。
特にエッグフードが好きならしく夕方には用意していた量を完食。

体重も37g。

ホント、急に完全ひとり餌になりました。

まぁ甘えん坊なのは全く変わらず、なんですが、
とりあえずひと安心です。



にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村







Mです。

毎日寒かったり暑かったりの繰り返しですね。。。

そんな中、産卵が始まりました。

アキクサは午後に産卵するのですが、
産卵が終わると巣箱から出てきて交尾をします。
そして餌やイカの甲などよく食べます。
イカの甲は産卵が始まると普段よりよく食べるので欠かせません。

で、この時にわたしは産卵したての卵を取り出していたのですが。。。

今回はこのタイミングを逃してしまったので、卵を取り出せませんでした

なぜ卵を取り出すか。。。孵化日を合わせるためなのです
一斉に孵化させた方が雛の成長や生存率に差があるような気がしますから

そうは言っても、1日おきに5個産卵したからといって
1番目の雛と5番目の雛の孵化日が10日離れるわけではないようです。
3~4日以内にはなぜか全部が孵化します。
でも、雛にとって4日の成長の差が大きいのです。
中には運が悪い子もいます。。。
反対に、6日の孵化日の差があってもちゃんと成長する子もいます。
生命力の差なのでしょうか。
でも雛の生命力だけに頼るのは可哀想。
だから、わたしの飼育力も上げなくちゃいけない。

この世に孵化できたら
みんな大きくなってほしい
母鳥が身を削って産んで、育てているのですから。

卵は命のしずくだと、何かに書いてありました。

本当にそのとおりだと思います。

神様、卵たちに生きる力を与えてください。




にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
Mです。

先日の卵ちゃんたちは合計3個でした。
まだまだアキクサにとっては寒い時期なので、このくらいの産卵数で良いと思います。
アキクサの繁殖期は夏が本番ですから、今から体力を過度に消耗してはいけないなと考えています。

卵ちゃんは、ふたつほど命が宿っていました
ひとつは。。。

もともと、そのひとつは外に産みっぱなしだったので
もしかしてかなと予想はしていました。残念。。。

アキクサの卵は鶏卵を親指大まで小さくしたような白い卵です。
お母さん鳥が卵ちゃんたちを温め始めてから3日以上たつと
巣箱のフタを開けて、卵ちゃんたちの外見の色を見るだけで
命があるかどうかが簡単に見分けられます。

だから検卵という作業はしたことがないです。

これが、うずらとかカナリアとか卵ちゃんに色や斑点がついていると
判断するのは超苦手

それにしても、卵ちゃんたちが元気に孵化日を迎えてくれますように
どうか神様お願い

孵化日は来月の2日~くらい
その頃にはお天気も良い日が続くようになってるかな
なっていてほしいいです
暖房器具はまだしまわないでおきます


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
Mです。

すっかり夜になりました。今夜は風もなくて静かです
たまにはキレイな満月が窓からみえる日もあるのですが、
外はまだ小雨なのでしょうね。。。

アキクサのみんなも静かに眠っています

さて。。。卵ちゃんたちも順調に成長しているはず。。。

なぜなら、3個しかない卵ちゃんたちだから
親鳥もしっかり抱卵しているはず。
お腹から卵をはみ出しているとか、食卵とかの悪クセもない。
部屋の室温もOK!
ヨシ抱卵は順調だ。

孵化した時の状況(環境)はどうだろうか?
。。。マズイなあ


親鳥の好きな厚めのスポンジを巣床に敷いているのですが、
いつもは抱卵し始めると凹んだ状態になるのです。
つまり、柔らかい皿みたいな状態なのです。

今回はその部分をかなりかじってスポンジに穴があいて板が見えていました
卵が孵化して小さな裸のヒナが板の上で生活するのは可哀想。。。
でも今から巣の中に何かを追加するのは厳禁!!!
見守るしかないかなあ。

最初からスポンジの下にうさぎ用のチップも入れておいたのに除かれていたし。
チップが嫌いなら何かを敷いておけばよかったのかな。
何を。。。
何かないかな

ヒナが孵化したら、いや、孵化する前に一応 ヒーターをセットしておこうかな。

台所に立つと、あ!この小さなカップはヒナちゃんに使える!とか
雑貨屋さんに行くと、あ!ヒナのサプリ入れに調度いい!とか
洋服屋さんでは、この生地 柔らかくて巣床に使えそう!とか。。。

あれやこれや心配してばかり。
この先、心配はしばらく続くんだろうなあ。。。

元気なヒナちゃんたちが孵化しますように
今夜も神さまにお願いします


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。