Hです。

本日夕方巣上げしました。

0322-1.jpeg

上記は3月22日に撮ったものです。

今回は3羽でした。

卵は5つあったのですが、1つは無で1つはなぜか巣箱の入口付近にあり中止卵でした。

昨夜も写真を撮ったのですが、まんまとボケボケでした。

最初の挿し餌の際写真を撮り忘れたのでキャリーに入れてから撮りました。
(夜の挿し餌は大人組の就寝の妨げにならないようリビングにて行う為)

0401-1.jpeg

分かりづらいですが右から1番目ルチノー、2番目ノーマル、3番目ルチノーのようです。
毎回ノーマルの子のワタワタな感じに萌え~です。

明日からもうちょっとマシな写真を撮るようにします。

今回はDNA鑑定をする予定でいます。

というのも輸入した2羽にメス疑惑があり、更に他にもオスと言われお迎えした子もメス疑惑が。。。
なのできちんと調べるついでに雛も鑑定しようと思った次第です。
もし雛の中にオスが居たら血縁のないメスとペアにしたいと思っています。
メスであればいつものように新しい飼い主さんを募りますのでよろしくお願い致します。
ノーマルの子はオスメス関係なく新しい飼い主さんを募ります。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Hです。

3羽は元気です。

0402-1.jpeg

1番目&2番目は特に食欲旺盛です。

0402-2.jpeg

3番目は元気よいのですが、心配な事が。

0402-3.jpeg
※真ん中が3番目

巣箱内で負傷していたようで右脚が重度のペローシス(あの状態をそういうかどうか不明ですが)
かもしれません。

以前1羽ペローシス気味の雛がいましたがMさんの治療が早く症状も軽かったお陰もあり
元通りになりましたが、今回はその子とはかなり違う感じがします。
背骨も曲がっているかもしれません。

余震の続く最中に生まれ小さな巣箱の中で育てられていたのですから
何かしらのアクシデントがあっても今回は致し方ないところです。
右のお鼻も若干負傷している感じです。

仕事の都合がつけば明日、つかないようであればあさってに病院で診察してもらう予定です。
とにかく治せるようであれば治してあげなくては!

そんなこんなな感じなので今のところ2番目ノーマルの子のみ新しい飼い主を探しております。
今週金曜日にDNA鑑定の為採血をMさんにお願いしています。
(私は爪切り苦手なので)



にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村



Hです。

3番目を連れて病院に行ってきました。
先生は触診した途端『あーこれは骨折してましたね』と。

0404-4.jpeg

右大腿骨あたりを複雑に骨折した後、
右脚がねじれた感じのまま固まってきている感じ、とのこと。

おそらく連日の余震の中、巣箱内で親鳥が誤って踏んでしまったのだろうという見解。
全身麻酔をして手術することも可能だが、右脚はあんな感じだけど結構動く。
動くということは神経が通っているということで、手術して脚を正常な状態に戻す際
その神経を傷つけてしまったり切ってしまう可能性も高いと言われました。

0404-3.jpeg


先生も私も見解は同じで、左脚は正常なのだから
そっちの脚で何とか一緒にガンバロウョって事に決定。
そんな訳で数万円持って出かけたのだけど初診料の1,000円のみの支払いでした。

0404-2.jpeg

何枚も写真を撮ったのにも関わらずボケボケが多く、今日は皆食後に寝てしまった顔ばかり。。。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

病院は行ったらすぐ診察してくれるということにポイントを置いている我々なので、
この病院はとても助かります。
今回診察してくれたのは女医さんで、とても丁寧な説明を受けましたし、親身になってくれました。



Hです。

毎度恒例の鳥に全く興味なしの家族にヒナを持ってもらい写真撮影。



イマイチボケ気味でした。近いうちに3羽で改めて撮り直すことにします。

日頃全く興味がない家族ではありますが、3番目の脚は心配してくれているようで
病院に行った日も『どうだった?』と聞いてきたりして逆にビックリ。


0406-1.jpeg

その3番目、火曜日から水曜日の夕方までかなり弱っている感じだったので
私まで弱気になってましたが、
どうにか今日はかなり体調も良くなったのか食欲も旺盛になりました。

0407-1.jpeg

でも本当に食欲旺盛なのは2番目のノーマルっ子でしょう。
ものすごく食べます。

0407-2.jpeg

相変わらずお尻付近の『青』に萌え~な私です。
(でもその『青』写真はボケボケで没)

0407-3.jpeg

キレイに拭いてるはずなのに、なぜか写真を撮ると食べかすがあちこちに付いてます。
ひとり餌にならないうちは毎回こんな感じの写真になるかもかもです。

0407-4.jpeg

1番目はあっという間に大きくなってます。
もうすぐ飛べそうな勢いです。
そしてとても大人しい子です。(今のところ)

0407-5.jpg

脚がボックスティッシュに挟まっても動じません(^o^;) 

今のところ、2番目のノーマルのみ新しい飼い主さんを探しています。
明日DNA鑑定の為採血します。
1番目のルチノーがメスのようでしたら飼い主さんを探します。
3番目のルチノーは脚などが悪いのでウチにずっと居てもらうことにしました。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村


Hです。

明日あさってで生後1ヶ月となる3羽。

0410-4.jpeg

3番目の成長がかなり遅いので、それに合わせて挿し餌もいまだ4,5回/日のまま。

ただ1番目と2番目には土曜日から粒々やペレットも食べてもらうようにとケース内に入れてあります。

0410-1.jpeg

1番目もようやく飛ぶ気になったようで、夕方ちょこっと飛びました。

0410-2.jpeg

2番目は前回のノーマル姉妹のように愛らしく、お尻付近の『青』や『ピンク』が萌え~です。

0410-3.jpeg

写真を撮ったのですがボケボケでした(^o^;) 

家族に2番目ノーマルさんを持ってもらって写真を撮っていたのですが、
普段じっくり見たことがなかったらしく

『おぉ~青色がステキー♪』とか『なにぃ~ピンク色まであるのかぁ~!』とか今更言ってました(^o^;) 

ホント今更だわョ、おぬし。。。

2番目ノーマルさん、新しい飼い主様を探しております。
1番目ルチノーさんはDNA鑑定でメスとなった場合は募集します。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

Hです。

1番目と2番目をひとり餌にさせるべく、徐々に挿し餌の量および回数を減らしています。
3番目も消化が遅いのでただいま3回/日にしています。

2番目もようやく飛び始めました。
飛ぶ、というよりJUMPみたいな感じですが。

写真を撮ってたら人の撮影でもよくありがちな目を閉じちゃった写真が、、、

0414-1.jpeg

閉じたまぶたが青っぽくてお化粧してるみたいだな~とか思いつつ、
相変わらず挿し餌の名残りがたくさん・・・( ̄ー ̄;)

0414-3.jpeg

3羽はとても素直で良い子です。

0414-5.jpeg

そろそろDNA鑑定の結果がわかるかなーと思うのですが、
どうでしょう?どうもオヤジくさい顔に見えてしまう1番目です。

0414-2.jpeg

巣上げ当初にギャーギャー言われたぐらいで済みました。
3番目に結構手間暇かけてるにも関わらず2羽ともとてもフレンドリーです。

0414-4.jpeg

まだぎこちなく枝をつかむ2番目です。
誕生日がたった1日違うだけなのにかなりデコボココンビです(´▽`)

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村



Hです。

金曜日の朝にDNA鑑定の結果がメールで送られてきました。

DNA鑑定結果

やはり昨年オス2羽とお願いして輸入した子達はメスでした。(2、4)
Mさん宅の娘が大事にしているベイブもメスでした。(1)

今回生まれたルチノー2羽は1番目がメスで脚が悪い子がオスでした。
てっきり体型も大きいのでオスかと思っていて名前も「リーダー」(嵐の大野君から)と
付けようとしていたのですが、、、。

逆に脚の悪い子はメスじゃんと決め付けていて「ナミさん」(ワンピースより)と
付けようとしていたのですが、、、。

なので脚の悪い子は金曜日から『リーダー』になってもらいました。


0416-1.jpeg

ちょっと日曜日、人に1日預けなくてはいけなかったので、また3羽一緒にしてみました。
特に1番目がリーダーはもちろんのこと、2番目の面倒も見てくれているようでして
その風景は実に微笑ましいです。
リーダーはリーダーで片足で元気にはねまわっている感じです。

0416-2.jpeg

1番目ルチノーはそれでいて大人しく、頭や肩によく乗ってくれます。
お姉さんのチェリーさんと結構似ているのですが、背中のピンクが若干チェリーさんより濃いです。
お腹のピンクはチェリーさんとそっくりです。

とてもお勧めの子です。

2番目のノーマルもとてもなつっこくて甘えん坊タイプです。
まだ3番目と一緒で挿し餌をほしがっています。
体重がまだ31g~32gですので、もう少しだけあげようと思っています。
1つ上の2羽のノーマル姉妹と同様とても愛らしい動きで、
ブルーやピンクの羽もとても美しいです。

詳しくはこちらとかこちらなどご確認の上、お問い合わせ下さい。

なお、基本新しい飼い主様のところまでお届けする予定でおります。
多少遠くても行けるところには行こうと思っております。
基本我が家(千葉県市川市)から300キロ以内でしたら行けると思っております。
遠くても近くても余計な費用は一切不要です。
お届けするのは「自分が安心する為」なので。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村







Hです。

なかなかボケボケ写真ばかりですいません。

0421-1.jpeg

お姉さんのチェリーさん(左)と1番目。

とてもよく似ています。
世話好きな性格も似ています。
更に1番目は落ち着いているというか大人しいというか
お世話してても全く心配のない子です。

0421-2.jpeg

2番目は「甘えん坊」で部屋の外に居る私を見つけるとケージ内ですぐ鳴いて駆け寄って来る反面、
放鳥してて気付くとボケーっとしていることも多いです。

0421-3.jpeg

お腹がいっぱいだと即効眠くなるようです。
(3番目がパウダーフードを食べている横に居たので隙を見て少し食べたらしい形跡あり)

0421-4.jpeg

とにかく静と動が分かりやすいというか素直というかおもしろい子です。

0422-1.jpeg

今日は上段の棚に置いている鳥テントに興味津々の様子。
(ぐにゃんとならないように中にプラスチック容器の蓋を入れてます)
何度か中を行き来してましたが、全て超ボケボケ写真につきカット(-""-;)

0422-2.jpeg

で、窓際に居るかと思っていた1番目が居ないのでどこだ?とキョロキョロしてたらすぐ近くに居て、
なぜか止まりにくそうなペットボトルの上にチョコンとおりました。

リーダーこと3番目のお世話もしてくれる心優しいきょうだい2羽です。
今日はリーダーに粒々の食べ方のご指導をしている場面も見かけました。
どうりでリーダー、昨日に比べて今日可愛く見えたわけだ。
(栄養が体にいきわたると数時間の間でも目に見えて成長するのです)

新しい飼い主さんがはやく見つかるといいなーと思う反面、
やっぱりいつも複雑な心境でもあります。

お問い合わせいただいた方にはMさんがお返事していると思いますが、
お譲りすると正式に決まるまでは私は基本Mさんにお任せにしております。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村


Hです。

先ほどMさんから連絡があり、1番目ルチノーの新しい飼い主さんが決まったようです。
後ほどPDFにて説明事項を送る予定です。
2番目ノーマルは遺伝的にメスだと思っていますが、
確実に調べることにし来月早々にDNA鑑定に出すことにしました。

もしDNA鑑定してもらいたい子が居る方はキットのサンプルが何枚かあるので
採血をご自分でしていただけるようなら一緒に鑑定してもらうことも可能です。

ご連絡いただけばご住所にキットのサンプルを送りますので『お問い合わせ』からどうぞ。

費用は鑑定料+送料1200円(人数で割ります)

ちなみに前回5羽の鑑定を頼んだ時の請求は5羽で8,444円でした。(1羽あたり約1,688円)
それプラス送料1200円でした。合計すると1羽あたり1,928円ですね。



にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村





しばらくぶりのMです。

性別鑑定について。

鑑定の材料採取の方法は2種類ありまして、
1、爪を切って血を採取キットのろ紙にしみ込ませる。
(採取キットのろ紙、小さい爪きり、線香、線香立て、ライター、ティッシュを準備
します。)

2、鳥の羽を人的に抜き、採取袋に入れる。(落ちている羽には血が含まれていない
ので無効)
(採取キットの袋、咬まれても良いように軍手などを準備します。)

わたしは1の方法の方が確実なので、この方法をおススメします。
デメリットは、鳥の小さな爪を切る作業と
その後の線香で傷口を焼いて止血することが必須です。

2番のデメリットは4ドル高値になることと、
羽についている血が足りなかった場合は後日また再検査になってしまうことです。

結果は上手いくと、7日くらいでわかります。

どちらの方法も鳥の身体の負担にはなりますので
後々の責任は負いかねます。。。

しかし、わたしは1の方法で小さな羽根が生えたばかりの雛を
採血しますが、その後の雛の体力がなくなったとか
死んでしまったなどの事故は一度もありません。

どなたでも行える方法だと思います。

それから、手紙にかかる切手代はご依頼主さまがご負担くださいませ。

Hです。

DNA鑑定の追記。
募集は5月3日までです。
4日朝の時点でのカナダドルで計算します。
(鑑定費用は20$+13%の税金)←採血の場合

EMS送料はDNA鑑定する鳥の数で割ります。
サンプル及び証明書を送る際にかかる切手代をプラスした合計金額と
お支払いいただく口座をお知らせ致します。

送って1週間後にメールで連絡が来ますのでお知らせ致します。
証明書はカナダから届き次第お送り致します。
切手代は80円×3回分かかります。
(サンプル送付、サンプル返送、証明書送付)

※ちなみに前回頼んだ分の証明書はまだ届いていません。
(1ヶ月位かかるようです)

まだサンプルキットが7羽分あります。


…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…


そろそろ我が家から新しい飼い主さんの元へ行ってしまうのでしょうか、の2羽。

0427-1.jpeg

信州へ行った子も蛍光灯の下ではお腹あたりの白い羽毛が青っぽく見えてましたが、
この子も結構青っぽく見えます。
とてもステキ~と見とれてます。

0427-2.jpeg

この子は蛍光灯など関係なくお腹あたりの青の羽がとても神秘的に見えます。

先日ノーマル父とノーマル姉と3ショットを撮ってみましたが、いつものボケボケでして。。。

連休があけたらレイアウトをもろもろ変えて、Mさんの子達のところにも巣箱を設置してあげないと、
と思っています。


今日夕方~30日朝まで、またまたヒナっ子3羽には家族の友人宅でお留守番の予定です。
友人家族のところには去年3月に生まれたローズ(唯一メスのローズっぽい)の
『ピーさん』が居ますのできっと賑やか~に過ごしてくれるでしょう。




にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村