上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hです。

本日もなんやかんやありましたが
3番目をお届けしてきました。

IMG_8120-3.jpg

1番目と2番目がいなくなった後、
3番目はレオ君と遊んでたりもしてましたが、
おとといあたりからルビノー父と結構一緒にいました。
しかも高いところに。

IMG_8119-4.jpg


上の方に1羽で写っている感じに見えますが、
実は父と一緒にいます。
それを証拠に短いはずの尾羽が長いです。
(※下にいるのはレオ君)

IMG_8094-1.jpg

こんな感じに並んでます。(おととい写真)
今朝は更にピタッと寄り添ってました。

ルビノー父は足環をしているのですが、
パッと見フンがついている感じに見えてしまいます(^o^;)

今朝は皆がササッとケージから出てきました。

IMG_8102-6.jpg

リーダー君もいつもは出なくてもいいや~って感じなのですが
今日は開けた途端に出てきました。

最近同居のマツジュンコさんと仲が良くなってきました。

IMG_8099-5.jpg

ロザーナさんは脚が悪い分飛ぶのが上手です。

IMG_8093-2.jpg

ファル君の青い羽が好きです。
卵が3つ残ってましたが、2つは無で1つはなぜか中止卵でした。

ヒナは2羽で、赤目1羽と黒目1羽です。
赤目の方はおそらくルチノーかもです。

黒目はまだフワフワでワタワタな感じで目も開いてませんが
赤目の方はうっすら開きはじめてます。
今日はもうちゃんと開いているかも。

3日くらい間隔があいて黒目が生まれたようです。
来週の9日に巣上げ予定です。

それまでしばし子育てはひと休みさせて下さい。

今回の3羽はそれぞれ素敵な飼い主さんのもとへ行きました。
これから更に飼い主さんにも家族にも環境にもなれるはずですので、
ぜひ仲良く暮らして下さるようにお願い致します。

親鳥たちからバトンタッチしてから今日までお世話してきました。
ようやく肩の荷がおりた気分です。
長いようであっという間だったような、短いのに長かったような
嬉しいような寂しいような気持ちです。

それぞれが健やかに暮らしてほしいと願います。




にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村










スポンサーサイト
Mです。

雛は孵化後1年以上かけて大人になります。
それまでは体づくりが重要です。


巣立ちしたからといって大人ではありません。
発情行動をしたからといってしっかりとした
体がつくられたとは言えません。

青菜好きなコにしてあげてください。
健康なコに育ちますよ。


ポイントをお話ししますね。

食べて欲しい青菜を毎日与えてください。

ステップ1は、見慣れない青菜に驚きます。

ステップ2は、興味を示し突きます。

ステップ3は、青菜をカミカミします。この時期が長いです。

ステップ4は、カミカミから少しづつ食べる行動になります。

ステップ5は、青菜は食べ物だと認識して、普通に食べるようになります。



慣れない環境になった途端、青菜などを食べなくなります。

雛の時期は、この青菜は食べた事があったけ?
なんて顔をしている時もあります。
忘れてしまうのでしょうか。

青菜が無駄になるかもしれないですが
毎日、カミカミをさせて練習を見守ってあげてくださいね。

色んな種類の青菜を食べれるようになると
将来は飼い主さまも楽だし、
鳥も健康維持できますよ。

頑張って


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村


Mです。

基本、私達は爬虫類とネズミ類以外のペットは好きです。

猫も飼っていますよ。

猫が鳥好きになってくれたら良いなあと思い
子猫時代に試してみましたが
結果は×でした。

やはり猫にとって鳥は動く獲物らしいです。
子猫時代から狩猟本能むき出しで
アキクサインコがかなり怯えていました。

猫が大人になっても鳥は獲物なんですね。
一緒に飼う事は×です。

なので鳥は決められた部屋で飼っています。
ドアを閉め切っていますから
猫はその部屋には入れません。


その部屋を通称、鳥部屋と呼んでいます。

その方がアキクサインコも幸せなようですね。
怖い猫の姿が一切見えないからでしょう。

猫はたまにしか鳴きませんし、
活発に遊んでいても物音がほとんどしません。
だから鳥部屋にいる鳥達を音や気配で驚かすことはないです。

こうやって、猫は入れない鳥部屋をつくることは
飼い主と鳥と猫が一緒に住めてストレスがないですね



にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

Mです。


アキクサインコは水浴びをやや好みます。

ややと付けたのは
セキセイインコやカナリヤほど水浴びを好まないからです。

成鳥は暑い時期、お天気が良い日、
そして、寒い時期は日差しが暖かい日に水浴びをします。

つまり、暖かくて気持ちの良い日です。

そして、午前中です。


鳥が気持ち良い日だなあと感じない日や時間帯に
水浴び用の水を準備してあげても
だいたいは水浴びをしません。

そこは無理強いをしないであげてくださいね。

または少し羽が汚れていると感じた時などは
ケージの上から霧吹きをかけてあげると
水浴びの真似をしたり
羽づくろいをします。




以上は成鳥の場合のお話です。



孵化後1年未満の雛の場合は
気温が25度以上になり、
自分から水に入るようになるまでは水浴びを避けてください。

雛毛は水をはじきません。
水が直接、皮膚に届いてしまい
体温を奪って危険な状態になってしまいます。

雛は水浴びが出来る状態になったときには
自分から飲み水などに入ります。

そんな様子が見れたら
水浴び用を準備してあげてください。


もしも間違って水に入ってしまい
羽が水をはじかず、皮膚が直接見えるような
ずぶぬれの状態になってしまったら、
ドライヤーの弱い温風を遠めからあてて
羽を乾かす方法もありますが
慣れない人が実施するのは
危険なので、あまりおススメできません。。。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村



Mです。

ケージの大きさのご質問が多いです。

アキクサインコはジャンボセキセイくらいの大きさです。
それをご想像して頂けたらと思います。
オカメインコよりは小さいです。

新しい飼い主さまが、お世話できて
お部屋のスペースが許す限り
広めのケージでお願いしたいです。

人間も広いお家がご希望なのと同じです。
鳥も広いほうが嬉しいですよね。



私達が使っているケージはサイズも
メーカーもまちまちです。

気に入っているケージはないです。
自分達でデザインしたいくらいだと思いながら
既製品を使用しています。





にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

Mです。

アキクサインコは活発に
おもちゃで遊ぶ事はしません。

小さい鈴がついているような
1500円未満の小型のおもちゃで充分です。

中型以上のおもちゃは
怖がって遊ばないです。

アーチ型のとまり木も好まないです。


おススメは小さい鈴や
小さいおしゃぶりになるような物です。

時々、鈴の音が聞こえると
遊んでいることがわかり、可愛いです。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

Mです。

シード類を食べさせている1年未満のコ達には
どうしても補足の栄養が必要です。

それがエッグフードになります。
色んな会社から商品化されていますが
わたし達はウイットモーレン社のを与えています。

なぜなら、沢山持っているからという
単純な答えです。

どこの会社であれ、エッグフードは与えるべきかと
問われた場合、わたしはなるべく与えたくない物だと答えます。

栄養となるものも沢山入っているのでしょうが
不要なものも入っていると思うのです。
たとえば着色料や防腐剤や香料などなど。
小さい鳥の肝臓に間違いなく負担をかけます。

それなのにM&Hでヒナ達に与えているのはなぜか。

将来的に新しい飼い主さまの所へ送ったときに
好き嫌いなく与えられた餌を食べて
元気に育ってほしいからです。

孵化から1年未満のコには
蛋白質が20以上必要です。
でも脂肪分は10以下の低脂肪を摂ってほしいのです。

自然派志向の飼い主さまならシード類を与えるでしょう。
補足的な餌が必要になったときに
高タンパク質のエッグフードの登場です。仕方がないのかな。

主食を補足するために与えるので
朝1回、量は主食の1/3くらい与えます。
生後1年くらいは続けるのですが
夏と冬では加減します。
でないと無駄な発情行動が出現してしまいます。

またはお腹に脂肪がついて太り過ぎてしまいます。

エッグフードを食べているコは
たまにですが、お腹をみて脂肪の有無を確認します。
ついでに体重測定。

そのコの体格からして、
この体重は有り過ぎとか
逆にやせてるとか
判断して、その後の餌の分量を決めていきます。
餌の内容も決めていきます。


私はペレット派です。
だからエッグフードを必要としません。

補足の餌といえば青菜とイカの甲とサプリくらいです。

それでも時にはお腹をみて脂肪の有無と
やせ方などの体格のチェックをします。

それでペレットの変更が必要か検討します。

ペレットは何がおススメなのかは
前回の餌の記事をお読みくださいね。


餌で鳥の寿命と健康と容姿が決まると思います。



Hです。

1日遅れて10日に巣上げしました。



前回もそうでしたが、
1番目の子の筆毛姿をあんまり見ないうちに成長してました(^o^;)

IMG_8192-2.jpg

巣上げ当日はものすごく低姿勢で威嚇されまくりでしたが、
それでもさし餌はすんなり食べてくれました。

-3.jpg

2番目のローズは巣上げする3日前あたりからピンク色の筆毛が出てきました。
まー顔の周りが黒かったのでノーマルではないとは思ってましたけど(^o^;)

IMG_8188-4.jpg



昨日は爪切り&採血係のMさんが来てくれました。

IMG_8196-5.jpg

先月採血した3羽よりおとなしい~と言ってました。

IMG_8208-6.jpg

いやいやでも2羽はさし餌のたびによくゴハンもそこそこによく動き回ります。

『コラコラ~っちゃんと食べたからだよー』
 などと言いながらさし餌している次第です(^-^)


ルチノーとローズのヒナヒナ、新しい飼い主募集予定です。
鑑定結果は来週末あたりになると思います。

募集は終了しました




にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

Hです。

Mさんから諸連絡。
ルビノー1,2,3の飼い主の皆さま、鑑定書を送りました。

IMG_8222-1.jpg

私の方もスペルミスしていた鑑定書を新しい飼い主さまに
送りそびれていましたが、そのまま送らせて頂きました。
(きっと向こうで私の字が読みにくかったのかもですね)

鑑定は99.9%正確なのだそうですので毎回利用しています。

IMG_8217-2.jpg

まぁオスでもメスでもどちらでも、という方には
必要ない鑑定かもしれませんが。

IMG_8229-3.jpg

今回の2羽ははてさてどっちでしょうか?
そんなこんなで鑑定結果も毎回楽しみな私たちです。

IMG_8231-4.jpg

ルチノーの方はチェリーさんをはじめ
ルチノーお姉さんたちによく似ています。
唯一ルチノーのお兄さんでもある片脚が悪いリーダー君は
背中のピンクが若干多くて濃いめです。

IMG_8255-5.jpg

ローズの方は今までオスが3羽メスが2羽でしたが
今回のローズはメスっぽくもオスっぽくも見えまして
私にはさっぱりです。

IMG_8256-6.jpg

写真は土日に撮ったものです。
今日は朝いちでルチノーが飛び、
夕方さし餌時のローズは更に綿毛がかなり少なくなってました。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村








Hです。

昨日今日の写真をと思いましたが、
枚数が多いので昨日の分だけ~。

IMG_8282-1.jpg

2羽の昨日今日の体重は共に40gでして

IMG_8284-2.jpg

でもローズの体型はスズメみたいな感じでして

IMG_8287-3.jpg

ルチノーは朝特に飛びたがり、そして落ちます(^o^;)

IMG_8290-4.jpg

たまにいい感じに着地できたりもします(^-^)

IMG_8292-5.jpg

ローズの方が若干ビビり―ですが、
だいぶ2羽ともいい感じに接してくれるようになりました。

月曜日から粟穂やムキ餌、ペレットを水槽内に入れています。


エッグフードについてですが、
ここ最近は繁殖時の親鳥にあげるのが主としています。
ヒナについては巣上げ後からはあまり与えてません。
よっぽど体調が悪そうとか体重が軽いなーと思われる時にあげている程度です。

私は特に気にしていなかったのですが、
あちらこちらの鳥の先生があまり与えない方がいいような
話をされているので、何とな~く控えています。

こちらで生まれた子達はシードもペレットも
食べられるようにしていますが(それぞれ好き嫌いがあるようですが)
親鳥達や他から来た子達はシードのみで育っていたので、
無理にペレットに切り替えるつもりもありません。
なのでここで生まれて残っている子達の中でも
シードばかり食べる子、シードとペレット両方食べる子とそれぞれです。

Mさんはペレット派ですが、
私は親鳥重視なので若干シード派です。

まぁ人それぞれ、鳥それぞれ、ってことで。

小さいうちから色々食べる機会があって、何でも食べれる子になると
健康で丈夫な子になる確率大でしょうね。
そうじゃなくても丈夫な子は丈夫って子もいますが。
人間でもすんごい野菜嫌いの人でも長生きしている人はたくさんいます。
(ぎんさんの娘さんのうちの誰かも野菜嫌いって言ってました)

エッグフードについては賛否両論いろいろありますが
それもまたそれぞれの判断で、ってことでよろしくお願いします。


さし餌の話を明日ちょこっとします。
(大した話でもないですが)


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
Mです。

手乗りで育てたコなのに
羽が綺麗に揃っていると、鳥専門病院の先生から
お褒めの言葉をもらったとメールを頂きました。

ウチのコ達が専門の先生にも認めて頂き嬉しいです。
そのうと糞の検査も問題なしだったそうです。


挿し餌で使用しているものは

「ケイティー イグザクト ハンドフィーディング」 です。

いたって普通ですよね。

企業秘密的な秘め事は何もなくて、すみません。


ヒナの挿し餌や体調管理はHがいつも、やってくれていますが、
管理の仕方が完璧だと思います。
ヒナに対して心身共にストレスをかけていないと思います。
それを普通にこなしてくれています。

他の方の挿し餌と管理方法を
見たことがないので
Hの育て方とどう違うのか正直わからないですね


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

Hです。

まだローズさんの方は飛びたがりませんが、
ルチノーさんの方はあっちこっち飛んでは落ちしてます。



ローズさんに毛糸の皿巣にINしてもらいました。

IMG_8305-2.jpg

やっぱお姉さんのロザーナさんより小さいです。

IMG_8311-3.jpg

2羽で入ってちょうどいい感じです。

IMG_8308-4.jpg

ルチノーさんボケボケ。。。


昨日のMさんのブログでも言ってましたが、
さし餌に関して 特に変わったことをしていません。

一番の特徴はギリギリまで親鳥にお任せしている事だと思います。
なんだかんだ言ってもヒナは親に育ててもらうのが一番いい訳で
他のところではヒナに危害を加えたり
途中で育児放棄する親鳥がいたりもしますが、
幸いウチにいるペアは日々ほぼストレスなく平和に過ごしているので
毎回巣上げしたヒナは元気いっぱいです。

まぁギリギリまでお任せしているのは
私が子育てが苦手っていうこともありますが(^o^;)

それでも巣上げしてさし餌しだすと、
ギリギリに巣上げした事から
逆にちゃんとフレンドリーな子達に育てなければ!
といういい緊張感があるので
割とヒナ達にに集中することができます。

それが功を奏するようで
どのヒナも私によくなついてくれます。
唯一手間取ったのはノーマルのまるちゃんですが、
今は全然手のかからないいいお姉さんになっています。

あとはそれぞれ新しい飼い主さん次第です。
他に先住鳥がいない場合など、
人の言葉をカタコト喋れるようになった子もいます。

そんなに放鳥時に一緒に遊んでいるわけでもないですが、
親鳥のファル君をはじめ、手乗りの鳥達はどの子も
肩や頭、手によく乗ってます。

そんな訳で今回の2羽も健やかに育っています。
週末には性別も分かります。

新しい飼い主 募っています。
まずは右上の「お問い合わせはコチラ」から~

募集は終了しました

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村


たくさんのお問い合わせをありがとうございました。
今回、ご縁がなかった方々には
本当に本当に申し訳ありませんでした。。。






にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
Hです。

何やら既に新しい飼い主さんが決まったようですね。
Mさんに任せっぱなしなのですが、それは嬉しいような寂しいような~の
毎度おなじみな感覚の私です。

はてさて今朝鑑定結果がメールで届きまして、
なんと1番目ルチノーはオス、2番目ローズはメスでした。

IMG_8374-6.jpg

昨日お姉さんのチェリーさんと並べて見比べたのですが、
すごく羽色も似ているので行動がオスっぽいけどメスなのかなぁ~?と
思っていたところでした。



ローズさんはロザーナさんとは違った雰囲気なのでオス?
と思っていたらメスでした。

最近ロザーナさん、頭部の模様が笑える感じになってしまってまして
なんか「ゴマフアザラシ」風だったりします。

IMG_8329-3.jpg

ローズさんですが、前回のブログを更新した後、飛びました。
今朝もあちこち飛んでました。
そしてローズさん、なんだかいつも「きょとん」とした感じでカワユスなのです(´▽`)

IMG_8332-4.jpg

誰がそばに居てもこんな感じです。

IMG_8363-5.jpg

気づけば昨日今日 うっかりローズさんばかり写真撮ってました、私。


昨日はルチノー君が天窓付近まで飛んでいきました。

IMG_8328-2.jpg

朝だったからまだ大丈夫でしたが、昼になると暑すぎて長居したら危険です。
なのでレースの布地で天窓を覆いました。

「よしず」も用意してあるのですが、それはまだ早いかなーと思いまして。

ついでに換気扇と皆さんの落し物などの拭き掃除もしました。
なかなか脚立を使った作業をすることがないので、ついでです。

天窓を覆ったので、壁紙の端っこをカジカジすることも予防できそうです。
昨日からさし餌を3回にしています。
体重が落ち着いて来たら更に2回にし、
来週末までにはひとり餌になってもらう予定です。

昨日ちょこっと組換えを実行しました。
当人(鳥)達、意外とバサつきもせず落ち着いています。
その話はまた後日。

それとおととい&今朝
ルビノー父&母ペアの巣箱からヒナの声が聞こえました。
4つあった卵のうち1つは有精卵っぽかったので(5月上旬確認時)
1羽は生まれているのかも、と思います。

ただ姿を確認していないので、もしかしたら私の空耳かもしれないので
明日には確認したいと思っています。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村




Hです。

月曜日から朝夕2回のさし餌にしています。
昨日は1日中外は15度前後と寒かったのですが、
鳥部屋は21,2度だったので、
水槽からいつものケージに移ってもらいました。

今日は昨日の寒さが嘘のように再びいい天気になって
逆に不在の日中に暑くなり過ぎないかと心配した程です。

2羽は週末までにひとり餌になる予定です。
とにかく肩に乗せているといつまでもまったりしています。
2,3度鳥部屋で一緒に昼寝しました(´▽`)
とてもいい子たちに育ってくれています。



で、この3日間写真が撮れてませんので
お姉さんのまるちゃん動画を。
横にいるのがチェリーさん、うしろにいるのはアイバチコさんです。



たまにこんな風に脚でリズムをとってる風の動作をしてます。



ルビノー母が巣箱からなかなか出てこないので
巣箱内を確認できずにいました。
もしかしてヒナの声は空耳だったのかなー?
と思い始めていたところでしたが、
今日の夕方もかすかに聞こえてきたので、
怒られるのを覚悟で巣箱の横蓋を開けたら
ルビノー母のとなりにヒナが1羽いました。
とりあえず私の育児ノイローゼによる空耳ではなかったようで
ひと安心です(´▽`)



にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
Hです。

2羽とも体重が39g~40gで安定しているようなので
さし餌を昨日の朝で終了しました。



今日はケージに止まり木を2本低いところと高いところにセットし、
シードはそのそばにセットし、ケージ底にはペレットをセットしました。
水はシードのそばに1つとケージ底に1つ置きました。

IMG_8434-3.jpg

時々そぉっと鳥部屋外から観察すると
2羽ともちゃんと止まり木にとまって
エサ入れからシードを食べてました。
底に置いてるペレットもついばんでいるようです。

朝夕手乗りのみんなと共に放鳥しています。
だいぶ飛び方も上手になり、落下することもほぼなくなりました。

IMG_8429-2.jpg

ただ高いところが好きなのか、
はたまた3羽で井戸端会議中なのか、
高いところにいくとまったりしてしまう傾向にあるみなさん(^o^;)

写真を撮る時既に薄暗くなっている時が多く、
本日もイマイチな写真ばかりですいません。


そんな夕方、ルビノー母が巣箱から出てきて
『ちょっと卵チェックしてくれない?』っていいたげな顔をして
こちらを見たので、
『言われなくても見ますわよ~』とチェック。

やはりヒナは1羽のみで、3つの卵は『無』でしたので撤去しました。
これでルビノー母も子育てに専念できることでしょう。

少し前に確認できた時のヒナはチビっこくてハゲちゃびんでしたが
今日はふっくら&フワフワっとしていました。
順調に育っております。



にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

Hです。

先月神奈川にお届けしました2番目君

DSC_0837-5_20120529181120.jpg

飼い主さんと仲良くこちらのブログを見てますよーの図。
元気に暮らしているそうで何よりです。
先月より羽色が濃くなったそうでして、
まぁオスですしねー。
これからどんどんイケメンになることでしょう~(^-^)b

我が家のレオ君も半年でずいぶん濃いピンクになりました。
どうりで放鳥時にヒナの背中に乗っかったりしちゃうわけですな(^o^;)


本日ルチノー君を羽田空港へお連れしました。

IMG_8459-1.jpg

2,3日前の夜には暗い中こんな感じで遊んでおられました。
ボケボケですが、、、(^o^;)

このカゴに乗って遊ぶのはルチノー君とレオ君だけです。

IMG_8471-2.jpg

今朝はちゃんと食事をしてもらいたかったので4時起床。
と言っても鳥たちは最近4時ぐらいから鳴き出しているので
鳥たち的には問題はないです。
わたし的にもいつも目が覚めている時間なので問題ないです。

まずは高いところへふたりで遊びに行っておられました。
まぁ最後に兄妹で語らってくれってことで。

IMG_8476-3.jpg

本日の飛行機は直行便ではなく、羽田発新千歳空港経由の新潟行きです。
新千歳も新潟も予報を調べると最高気温が20度以下なので
前回同様横穴3つ縦穴1つずつです。

90分前に受付を済ませなくてはならなくて、前回なんやかんやとあったので
羽田に着くまでは冷や冷やしましたが、
今回は天気も良かったし急な変更もなく大丈夫でした。

IMG_8479-4.jpg

受付前に背中をなでなでしつつ、持参した水を少し飲ませました。
ドライブ中は時々箱の中でごきげんな感じの控えめな声で囁いてました。
きっとドライブは苦にしないタイプなんでしょう。

ただやっぱり初めてずくしだったので、無事到着したと連絡があった際
興奮してる風だったそうです。

それにしても羽田発10時で新潟到着が15時過ぎ。
経由だと時間がかかって心臓に悪いですわ~(^o^;)
これ以上日中の温度が上がるであろう夏は空輸も難しいかと思われます。


Mさんより報告
来週水曜日巣上げ予定のルビノー母&父のヒナ1羽ですが、
新しい飼い主は募集致しませんのでご了承ください。

あと過去記事(特にポリシー関係)を少々手直し致しました。
その詳細はおいおい。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。