Mです。

今日、子供と二人でベイブの面会に行ってきました。

看護師さんから「こちらです。」と指されて、二人で振り向くとベイブが居ました!

Oh- ベイブ~

二人とも体制を低くしてケージの中のベイブを見入ってしまいました。

涙や鼻水はほとんどなく顔がさっぱりした感じになっていました。
顔の羽が薄くなっていて、今までの経過を思わせます。。。
眼はまだパッチリとまではいきませんが
以前より輝きがありました。

全体的にふっくらみえるのは気のせい?
いいえ、体重が増えていました。

とまり木を移動したり、鳴いたり、水を飲んだりと随分動けるようになっていて
普段と同じくらい回復していました。

チラチラとこちらを見るので、眼が合います
 
(ベイブ?調子はどうよ?)心の中で話しました。

わたしは普段から鳥たちにすごくたくさん話しかけます。
家族が、誰と話していたの?と聞きにくるくらい。

でもさすがに他の方の前では恥ずかしい。
沈黙したままベイブをみつめていました。



毎日の注射と飲み水の中のお薬は続いているそうです。
まだ鼻水などの症状は少しあるそうなので。

流動食は昨日までにして、今日からは自分でペレットを食べているそうです。

牡蠣ガラを食べたあとがありました。
家では食べなかったのに、食べれるようになってよかった。

まだ数日の入院は必要で、
入院期間は7日間くらいを計画しているそうです。

とても良く看護して頂いているのが清潔な環境からもわかりましたし、
ベイブの様子の説明からもわかりました。
病院の皆さんに感謝です!

帰り道、やはり入院させてもらって正解だったと子供と話しました。
家で看護して、通院治療していたらこんなに早く回復しなかったかもねーと。
早く退院の話しがこないかなあ。




にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック