Hです。

4つあったうち有精卵だった2つを引き続きあたためていたのですが、
日曜日あたりからメスが巣箱から出ていたらしく、
本日などは朝からずっと巣箱に戻らずにいたので、
巣箱ごと卵を撤去しました。

もうちょっとだったと思われる中止卵でした。

9月下旬~10月まで、ゆっくり静養してもらうことにしました。
他の子たちも引き続きゆっくりしててもらいます。

去年暮れにお届けしたルビノーさん、鑑定に出したらオスだったそうで。
やはり『遺伝的にメス』という判断は今後私たちはしないことにしました。
基本鑑定しての募集とさせていただきます。
(よほどオスメスどちらでもよいという場合を除き)

…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…

おとといのコールダック動画



毎回こんな感じです(^o^;) 


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
えーそうだったのですか。
以前、我が家のアキクサが、遺伝情報では絶対メスのはずなのに、
鑑定したらオスだったことをお話しましたが、そういうことはやはりあるのですね。
私はショップとブリーダーが適当な情報市か伝えてくれておらず、きっと親の情報そのものが間違っていたのだろうと思っていたのですが、
そのショップでは同じペアから確かにオスのルビノーが出ているのだと仰せでした。
やっぱり神様のすることは人間には計り知れないものなのかもしれないですね・・
2011/07/30(Sat) 10:52 | URL | aki | 【編集
つくづく『遺伝的に』という判断は今後しないことにしようと思いました。
そして改めてきちんと鑑定して調べてもらう、という結論に至りました。
オスと言われてメスだった子が3羽もいることを考えると、尚更です(^o^;) 
2011/07/31(Sun) 22:08 | URL | M & H | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック