Mです。

最近は益々寒いですね。

なのに、産卵中の子もいます。
産卵や育雛に適した環境だと知ると発情してしまうインコの特性です。



アキクサインコはオーストラリア原産ですから、暖かい気候を好みます。
日本でいうなら夏がアキクサインコの巣引きの最適な時期ではないかと、
つたない私の経験から、そう思います。

巣引きのお話しはまたの機会にして、普段の温度管理について。



わたしは室内飼育をしていますから、外気温のような寒さにはならないです。
アキクサインコは最低室温が何℃までなら、健康なままで越冬できるか。
ポイントは、健康なままでです。
そして欲をいうなら、あまり寒さのストレスはかけたくないです。
でも過度に甘やかしたくもない。

それらを考慮すると、飼育の最低室温は15℃あたりだと思っています。
これは巣引きをしていない状況下での温度です。

たぶん、0℃でも飼育可能でしょうが健康を害するか長生きは
難しいかと思います。

これは私個人の考えですので、違う意見の方もいて当然だと思います。


ちなみに、夏の最高室温は30℃までが最適な温度です。
それ以上になると、大人も丸裸のヒナもバテます。






にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック