Mです。

今日は、オカメパニックもどきのアキクサパニックについてです。

アキクサインコもオカメパニックをたまにおこします。

原因はそのときに実際みているわけではないので、予想なのですが
些細な事にビックリしているんだと思います。

昼でしたら、外でカラスが通りすがったとか、飛行機の陰が通り過ぎたとか、
だと思います。
夜でしたら、他の鳥がちょっと物音をだしてしまったのにビックリした、
などだと思います。

若鳥にこのパニックが多いと思います。

最近は地震がありましたので、我が家のアキクサたちはかなりパニックを
おこしていました。

あ~、抱卵している卵が無性卵でよかった。
有性卵だったら親に蹴飛ばされてヒビが入って死んじゃってただろうな~と
思いながらわたしは寝ていました。

パニックを起こしてもすぐに何事もないとわかると、すぐに鳥たちも
落ち着きますから。

ただ、翌朝の観察ポイントがありまして、羽か体のどこかから
出血をしているか、その出血はすでに止まっているかを見たほうがよいです。

だいたいは既に出血は止まっています。

出血が止まっていなかったら、止血作業が必要です。
自分ではできないようでしたらすぐに病院を受診して止血してもらったほうが
良いと思います。

禽舎で飼っていらっしゃる方は骨折の有無も要確認です。


このパニックも成長過程には必要なのかなと思ったりします。
この音なら危険ではない、この物なら危険ではない、とかを
アキクサは学習していくのかなと。
慣れたらパニックを起こさなくなりますから。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック