Mです。

ルビノー雛たちが次々と新しい飼い主さまに引き渡されてます。

それぞれの新しい飼い主さまが次々と写真を送ってくれる。何だか可愛いいと思う親心で見ていた自分に気がつくなあ。写真を見て改めて雛を客観視できるんだな。

この子はメス親に似てるから、将来はこういうオスとペアにするといいとか、その他もろもろ妄想が始まるけど、わたしの手が届かないところに行ってしまった雛。。。元気で暮らしてと祈るばかり
それにしてもHの差餌や雛の管理は立派だった。予想以上に雛たちを大きく、そして馴れたいい手乗りに仕立てたよ。

アキクサは馴れにくいし、手乗り崩れしやすいがHが育てた雛たちは刷り込みをされているので将来はその心配もないな。

刷り込みは生涯不変なんだよ~

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック